Mai Taiで遊んでみよー

Mai Taiで遊んでみよー StudioOne

Studio One付属のシンセMai Taiの解説です。

Studio OneではMai Taiベースでほかの音源も編集できるので、Mai Taiの操作方法がわかると、プリセットも自由にカスタマイズできるようになると思います。是非最後まで見ていってください。

Mai Taiの構成について

Mai Taiはこんな構成で成り立っています。

ほかのシンセでも基本は同じです。

  1. 音を出すところ(オシレータ)
  2. 音を加工するところ(フィルターやLFO)
  3. 音を鳴らした時の「鳴り始め」「鳴っている長さ」や「余韻」の設定(エンベローブ)
  4. エフェクト(コーラス、ディレイ、リバーブ、ディストーション等)
  5. LFOやエンベローブ等で色々なパラメータを動かす(Mod)
音源
2オシレータ、1ノイズ
カットオフ&LFO
カットオフ&LFO
エンベローブ
エンベローブ
エフェクト
エフェクト
音の加工
音の加工

ON/OFFの切り替え方法

各パラメーター名を押してグレーから色が濃くなるとONになります。

OSC2OFF
OSC2OFF
OSC2ON
OSC2ON
ModulationON
ModulationON

音を出すところについて

オシレータ
オシレータ

音を加工するところについて

Character
Character
フィルター
フィルター
LFO
LFO

音を鳴らした時の設定について

Mainエンベローブ
Mainエンベローブ
エンベローブ
エンベローブ

まずはMai Taiの全体概要についてでした!

いかがでしたでしょうか?

次回からはMai Taiを使って色々な音を作っていきたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました