color bassの作り方(S1付属Vocoder使用)

color bassの作り方(S1付属Vocoder) Dubstep
color bassの作り方(S1付属Vocoder)

前回Vital + TAL-Vocoderでcolor bass soundを作る方法をご紹介しました。原理は同じですが、今回はStudio One 6 Professionalから新しく機能追加されたVocoderを使用したものを紹介します。個人的にはこちらの方がよりキラキラ感が出たと思っています。

まずは完成形から

color bass(Vitalシンセ+S1付属Vocoder)完成形


前回のおさらい

前回はコードトラックからVitalシンセのベーストラックにルーティングしました。今回はStudio One 6 Professionalに新しく追加された機能「Vocoder」を使用するのですが、Studio Oneのサイドチェーンを使って実現します。

やり方(Vocoderサイドチェーンのやり方)

前回同様、ベーストラックにVocoderを挿します

S1Vocoder1

Vocoderのサイドチェーンの「⇒」を選択します

S1Vocoder1

コードトラックの「送信」側にチェックを付けます

これでベース音をコードトラックで指定したコードで響かせることができます!

動画で紹介

color bassの作り方(How to create color bass using Vital synth and Studio One 6 Vocoder)

動画内で紹介しているのですが、Studio One 6のVocoderはあらかじめいくつかのプリセットが用意されています。その中でも「10-Band Two – Nosy」が良い音に感じました。皆さんも色々なプリセットで試してみてください

Studio OneのVocoderが使えるエディション

Studio One 6から追加された新しい機能のVocoderはProfessionalバージョンのみでしか使用できません。ご注意ください。


参考になったら幸いです

コメント

タイトルとURLをコピーしました