color bassの作り方(Vital + TAL-Vocoder)

color bassの作り方(TAL-Vocoder) Dubstep
color bassの作り方(TAL-Vocoder)

DAW Studio Oneでcolor bassの作り方をご紹介します。

まずは完成形から

color bass(Vitalシンセ+TAL-Vocoder)完成形


color bassの作り方はいくつかあるようですが、Vocoderを使用するとコード進行も柔軟に対応できるため、Vocoderを使った方法を今回ご紹介します。

仕組み

ワブルベース・グロウルベースをコードで鳴らすことでキラキラとしたサウンドを作っているようです。

ベーストラック(今回はVitalシンセで作ったワブルベースのトラック)にVocoder(TAL-Vocoder)を挿し、コードトラックのアウトをVocoderにして実現します。

インとアウトの向きでだいぶ音色が変わるのですが、ベーストラックにVocoderエフェクトを挿して、コードトラックのアウトをVocoderにするとそれっぽくなります。

color bassの仕組み

Studio OneでVocoderを指定して鳴らす方法

VocoderのようにVocal等のメインの音をMIDIで指定した音に加工する場合は、ルーティングを使用します。今回はコードトラックのアウトをVocoderにする方法を紹介します。

左上の「i」を選択して展開

Studio Oneルーティング1

ベーストラックのインサートにTAL-Vocoderを挿します。

Studio Oneルーティング2

コードトラックのアウトを、TAL-Vocoder(ベーストラックのインサートエフェクトに挿したもの)に変更します。

Studio Oneルーティング3
Studio Oneルーティング4

これでルーティングは完成です!

動画で紹介

color bassの作り方(How to create color bass using Vital synth and TAL-Vocoder)

注意点

TAL-Vocoderは無料のプラグインですが、Studio OneでVST3などの無料のプラグインを使用する場合は有料のStudio Oneにする必要があります。僕の環境はStudio One 6 Professionalです。Studio Oneのサイトで確認するとStudio One Artistでも「サードパーティ製プラグイン対応(AU、VST2、VST3プラグインおよびReWireアプリケーション)」とありますが、私は試していませんので、ご自身の責任でご使用いただければと思います。


参考になったら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました